本文へ移動
ふじ美先生の相談窓口
こんにちは
子育ての事、こども園の事
心配な事や知りたいこと
なーんでも
お気軽にお電話ください 
↓↓↓↓↓↓↓
059-232-2075

社会福祉法人 高田福祉事業協会
高田保育園

三重県津市一身田町280
TEL.059-232-2075
FAX.059-232-2307
────────────────

高田(たかだ)保育園は三重県津市一身田(いしんでん)町にある保育園です。
 親鸞聖人(しんらんしょうにん)を開祖とする真宗高田派の本山、専修寺(せんじゅじ)を基盤とし、『すくすくのびよ仏の子』をキャッチフレーズに、月に一度の参拝や仏教の行事を通して「生命を大切にし、感謝するこころを育てる」仏教保育をすすめています。

────────────────

 

0
4
5
2
4
6

園長コラム/4月掲載分

令和4年度保護者会会報『のんの』より

「 無題 」                            園長  草深ふじ美
   
のんの
こんなに 何にも書き出せないことは、今まで一度もなかった。
今回の「のんの」は、いつもと違う。
感情のふり幅が大きくて、心も身体も忙しかったこの一年、悲しんでいる暇も、寝込んでいる暇もないほど、自分を乗せた時間が倍速で進んでいるような、そんな不思議な感覚がしていた。そして、何かに対するものではない、漠然とした不安が心の中に潜んでいて、ふとした瞬間に自信が消えそうになる。
比較的レジリエントな人間だと思っているからこそ、この言い知れぬ感覚が怖くなるのかもしれない。守るべきものが大きすぎて、本来活発に作動する、柔軟な心が臆病になっているのか・・・・。困ったな。だめだ、こんなんじゃ。らしくない。らしくない。
じゃあ何? 私らしいって、何なんだ。
                                                                思いっきり走って追いかけっこして、泥んこ遊びやお団子づくり。竹馬競争にぐるぐるジャンケン。地面に大きな紙を広げて、好きな色をいっぱい使った絵を描いこう。そう、高田保育園の歌を唄いながら。
そうだ、古着を分解して縫い合わせた布で大きなテントを作ろう。中には、小さな座卓を置いて、足を伸ばして座るんだ。コーヒーとムーンライトを口にしながら絵本を読んで。寝っ転がって、ちょっと眠って。目が覚めたら、ミシンで服を作ろうか、みんなのことを思いながら、みんなにぴったりの服。作った服を着て笑っている顔を思い浮かべながら、ひたすらミシンを動かして。カタカタ カタカタ・・・・。

そうか
守るべきもの、それは私自身の思いなんだ。
私がやることは、みんなの笑顔を消さないこと。それは、自分の信じた愛を貫くこと。
ああ、何も怖がることはない。この思いを、ありったけ渡そう。
一人ひとりの子どもらに、ありったけの愛を注ごう。
それが、私らしさなんだ。

みんなの笑顔が、また助けてくれた。



TOPへ戻る