本文へ移動

社会福祉法人 高田福祉事業協会
高田保育園

三重県津市一身田町280
TEL.059-232-2075
FAX.059-232-2307
────────────────

高田(たかだ)保育園は三重県津市一身田(いしんでん)町にある保育園です。
親鸞聖人(しんらんしょうにん)を開祖とする真宗高田派の本山、専修寺(せんじゅじ)を基盤とし、『すくすくのびよ仏の子』をキャッチフレーズに、月に一度の参拝や仏教の行事を通して「生命を大切にし、感謝するこころを育てる」仏教保育をすすめています。

────────────────

 

0
2
9
3
0
3

高田福祉事業協会が創設100周年を迎えました

100周年記念誌
    100年の歴史の中にいる私たちの出逢いは偶然ではありません。このご縁を大切に・・・
  つなぐ、次の100年へ
  (企画デザイン)デザインLABOウノ
是非ご覧ください

ニュース&トピックス

2022-11-01
令和4年度運動会の写真を公開しました。
2022-10-28
10月の写真を公開しました
2022-10-01
9月の写真を公開しました
2022-08-30
8月の写真を公開しました
2022-08-08
7月の写真を公開しました
2022-06-30
6月の写真を公開しました
2022-05-31
4月・5月の写真を公開しました

今月のふじ美園長コラム

ユニフォーム(2022年11月園だよりから)

何かに憧れて自分を鼓舞すること、それは年齢関係なく、0歳児さんも同じです。ガラスにへばりついて見る視線の先には、太鼓やシンバルを手に鼓隊の練習をする5歳児の姿があります。

 意欲は楽しそうと感じる好奇心から生まれます。よちよち歩きの時に手をたたいて嬉しそうに見ていた、その記憶を温めて上書きしながら成長した姿が5歳児ぞう組さんです。

子どもは、いろんな「楽しそう」を紡いで、たくさんんの糸をつくり、「やってみよう」の気持ちでどんどん繋げていきます。そして、続けることやちょっと頑張る事が心地よいものだと感じた時、それは素敵な布になり自分をまとってくれるのです。同じものは存在しないし、色も形も自由自在のその服は、凄い力を与えてくれる見えない魔法のユニフォームなのかもしれません。

全体的な計画
園の一日
年間行事

高田福祉事業協会

位置情報

TOPへ戻る